​iMovieとは??

iMovieは、Mac用の動画編集ソフトウェアです。

こちらから無料ダウンロードできます。


iMovieを使って、自分で撮影したムービーや写真を使って、簡単に動画を作ることができます。

カット編集、タイトル入れ、音楽の追加、アフレコなど基本的な編集はもちろんのこと、
様々な特殊効果や、高度な編集機能もついています。

ムービーの読み込み方

<接続>

iMovieでムービーを作るためには、まずMacパソコンにビデオ素材を読み込ませなくてはいけません。カメラ、ビデオカメラ、iPhoneなどで撮影したムービー素材をiMovieに読み込ませます。

カメラやビデオカメラで撮影すると、内蔵メモリや、SDカードの中にムービーや写真データが記録されます。これがムービー素材です。

素材をパソコンに読み込むためには、カメラとMacをUSBで接続し、取り込み作業をします。カメラとMacを付属のUSBケーブルで接続します。

ビデオカメラの電源を入れます。次にビデオカメラを、「PC接続モード」に設定します。

(ビデオカメラの種類によって「PC接続モード」の名称は異なりますので、詳しくはビデオカメラのマニュアルを参照してください。)

ムービー素材をビデオカメラのSDカードに保存している場合は、SDカードを取り出し、Macのカードスロット、もしくは外付けカードリーダーに挿入してください。

<読み込み>

iMovieを起動させます。画面上部の「読み込む」をクリックします。すると「読み込む」画面が表示されます。

画面の左側に接続しているメディアの名前が表示されるので、クリックします。

ビデオカメラの中のムービー素材が画面中央に表示されます。

画面上部の「読み込み先」をクリックします。

「新規イベント」を選んで、素材の取り込み先を新しく作ります。

​次に、新規イベントの名前を入れてOKを押します。

​使用するムービー素材を選び、「選択した項目を読み込む」をクリックします。

これで、新しいイベントに、ムービー素材が取り込まれました。

編集の基礎

<新しい動画の作成>

それでは、取り込んだ素材を編集してみましょう。

まずは編集作業を行うムービープロジェクトを作ります。

新しい動画を作るには、まず画面上の「作成」をクリックし「ムービー」のアイコンが表示されるのでクリックしてください。



次に「テーマ」画面が表示されます。ここでは「テーマなし」を選び、右下の「作成」ボタンをクリックしてください。

ムービーの「名前」と、どの「イベント」にムービープロジェクトを作るか決め、OKをクリックします。

 

すると、指定したイベントの中に、編集作業を行うムービープロジェクトが出来ました。

画面左にあるのが、素材がまとまって入っているフォルダ(イベント)。
イベントをクリックすると、その右に指定したイベントの素材が表示されます。

その下にあるのが素材を編集するために使うタイムラインです。

<タイムラインに動画を入れる>

タイムラインに挿入したいムービー素材をダブルクリックで選択しましょう。
すると素材の周りが黄色い線で囲まれます。

 


次にクリックしたまま、下のタイムライン上まで素材を移動させましょう。

タイムラインの中に素材を挿入することができました。

 

<ムービー素材の一部をタイムラインに入れる>

使いたい素材の開始位置にマウスを移動させクリックし、指を離さないまま右方向へ移動させます。すると、指定した部分だけ黄色い線で囲まれます。

次に黄色い線で囲まれた部分をクリックしたまま、タイムラインに移動させます。

 

<ムービーのカットのやり方>

​タイムラインに移動した動画をカットする場合は、​カットしたい素材を右クリックします。

表示されたメニューから「カット」を選ぶと、素材がカットされます。

 

カットした素材をタイムライン上にペーストしたい場合は、ペーストして移したい位置をクリックします。

白い再生ラインが表示された場所がペースとされる位置です。

画面上のメニューから「編集」→「ペースト」を選択すると、カットした素材がペーストされます。

 

<ムービーのコピーの仕方>

タイムライン上の素材をコピーしたい場合は、コピーしたい素材を右クリックします。
表示されたメニューから「コピー」を選択します。

コピーした素材をペーストする際は、タイムライン上のペースト場所をクリックし、白い再生ヘッドを表示させます。
画面上のメニューから「編集」→「ペースト」を選択すると、コピーした素材がペーストされます。

<ムービーの削除の仕方>

タイムライン上の素材を削除したい場合は、削除したい素材を右クリックしてください。
表示されたメニューから「削除」を選択します。

すると指定した素材が削除されます。

 

<ムービーの分割の仕方>

ムービーを編集する上で、一つの素材を分割する必要がある場面もあります。

その場合は分割したい素材の位置をクリックしてください。
右クリックでメニューを表示させ、「編集」→「クリップを分割」を選択します。

素材は最初にクリックした再生ラインの位置で分割されます。

<ムービーの長さの変え方>

ムービーの長さを変えたい場合は目的の素材の両端どちらかにマウスを移動させます。

左右に伸びる矢印が表示されたらそのままクリックし、変えたい長さの位置までドラッグします。

編集の基礎

<テーマ>

テーマを使用するとムービー全体の雰囲気を変えることができます。選択したテーマはタイトルやトランジッションなどにも適用されます。

画面上のメニューから「ウインドウ」→「テーマセレクタ」を選択すると、テーマが選べるようになります。

自分の動画の雰囲気にあったテーマを選択してください。

<オーディオ>

ムービーにBGMを挿入する操作です。

コンテンツライブラリの「オーディオ」を選択してください。

「iTunes」や「GarageBand」などのオーディオデータが表示されます。使いたいオーディオを選択し、タイムラインの下までドラッグしてください。オーディオが表示されます。

オーディオはムービーと同じ方法でカットすることができます。

​また、タイムライン上のオーディオの両端にある丸い印をそれぞれ横にドラッグすることで、音楽をフェードイン、フェードアウトさせることができます。

<タイトル>

ムービーのタイトルを挿入します。

コンテンツライブラリの「タイトル」を選択してください。

好きなタイトルのパターンを選択し、タイトルを表示させたいタイムライン上の位置にドラッグします。

タイトルが挿入されると、プレビュー画面上でタイトルの文字が編集できるようになるので、内容を書き換えてください。

タイムラインの上に表示されたタイトルを選択すると、ムービーと同じように長さを編集することができます。理想の長さに編集してください。

タイトルを削除したい場合はタイムライン上のタイトルを選択し、

右クリックでメニューから「削除」を選択してください。

ムービーからタイトルが削除されます。

<トランジション>

トランジションとは、ムービーの前後挿入する映像効果のことです。
使用するにはコンテンツライブラリの「トランジション」をクリックします。

iMovieで使えるトランジションは20種類以上あります。

自分の動画のイメージにあったものをクリックし、タイムライン上の挿入したい位置までドラッグすると、そのトランジションが適用されます。

また、トランジッションの長さを変えたい場合は、トランジッションのマークをダブルクリックします。継続時間が表示されるので、好きな秒数に設定し直してください。初期設定は1.0秒です。

<アフレコ>

iMovieには自分のナレーションを録音し、挿入することができます。
内蔵マイクや自分の外部マイクを使って試してみてください。

画面上のメニューから「ウインドウ」→「アフレコを録音」を選択、またはプレビュー画面のマイクをクリックします。

するとプレビュー画面にiPhoneの録画と同じような赤いボタンが表示されます。クリックすると3秒後に録音が開始されるので、自分のナレーションを入れてください。もう一度赤いボタンを押すと録音が終わります。

アフレコした音源は、ムービーと同じように編集することができます。

All rights reserved by 雑貨の仕事塾(R)